茗溪学園中学 受験専門塾

茗溪学園中学校入試に向けて

◆通常授業◆

ワイズアカデミーでは、個別指導という形態で小学5・6年生の国語と算数を中心に指導しています。
多くの塾が小学3・4年生から一斉指導で4科目を受講し準備していくのに対して、入塾してから受験までの期間に応じて個々の能力に合わせた教材を使用することで段階的に指導しています。

◆講習授業◆

茗渓入試通常授業の他に夏期講習・冬期講習・春期講習を実施しています。
季節講習では、これまでに学習した内容の復習を中心に予習を心がけて取り組んでいます。
夏期講習では、中学受験コース生を対象として夏期強化合宿を2泊3日でおこなっています。小学生にはとても厳しいタイムテーブルですが、これまで誰一人として脱落することなく乗り越えてきました。この強化合宿では、通常とは異なりゼミ授業も実施することから個別指導で陥りがちな自分だけのペースからライバルがいることを意識した学習ペースへと作り変えていきます。この合宿を通して同じ受験を志す仲間という意識が高まり、互いに切磋琢磨して秋を迎えます。
6年生には9月末から秋期講習として茗溪学園入試対策講座を開講しています。

◆受験対策講座(秋期講習)◆

12月下旬の茗溪学園中推薦入試に向けて9月下旬から日曜日を中心に10回のゼミ授業をおこないます。前半は模擬試験を中心に普段とは異なるゼミ授業に慣れていき、後半は茗溪学園の過去問題を用いて試験形式の練習をしていきます。

地域No.1の個別指導塾

DCIM0021茗溪学園中受験において、一教場で複数年に渡る合格実績は、個別指導塾としては地域ナンバー1を自負しております。
講師陣も専任講師を中心に学生講師は茗溪学園の卒業生を中心に筑波大学の学生・大学院生が指導しています。現在は、茗溪学園の卒業生や保護や、茗溪学園卒業の大学生、茗溪学園で教育実習のある大学院生などが指導しており、茗溪学園の特徴を意識して受験準備が進められています。

特に現在茗溪学園に通学している中学・高校生も中学受験コース生と同じ時間帯に授業をしているので、茗溪生の制服姿を見たり、学園生活の話を聞きながら受験を意識して取り組むことが可能です。

これまでの実績

2002年度に中学受験コースを設立し、2003年に茗溪学園に合格者を輩出して以来、通算合格率は71.6%(2017年2月現在)となり、個別指導塾では突出した実績です。2008年以降は毎年複数名が合格し、現在、茗溪学園の全学年にワイズアカデミーの生徒が通っています。また、卒業生が講師として戻ってきて指導にあたっています。

[茗溪学園 入試結果] 通算合格率71.6%(2017/02/19現在)

入学年度受験者合格者合格率
2017年3名3名100%
推薦3名(合格2名)/一般第二回1名(合格1名)
2016年9名5名56%
推薦4名/一般第二回1名(補欠1名)
2015年10名7名70%
グローバル1名/推薦3名/一般3名
2014年9名6名67%
推薦4名/一般第一回1名/一般第三回1名
2013年6名6名100%
補欠繰上り合格1名
2012年8名5名63%
推薦入試100%合格
2011年7名5名71%
補欠繰上り合格1名
2010年3名2名67%
全員中学進学後も在籍。
2009年4名4名100%
筑波大学生命環境学群へ進学
2008年2名2名100%
筑波大学生命環境学群へ進学
2007年2名0名0%
2006年5名5名100%
国際教養大・早稲田大・東京海洋大・茨城大などへ合格
2005年4名2名50%
不合格者のうち1名は中学時も在籍し、牛久栄進高校へ進学
2004年1名0名0%
中学・高校時も在籍。牛久栄進高校・獨協大学へと進学
2003年1名1名100%
筑波大学医学専門学群へ進学

この合格結果は、受験コース在籍期間を問わず、ワイズアカデミーに在籍時に受験をした生徒の結果です。そのため、学習期間が2年の生徒もいれば、4ヶ月の生徒もいます。小規模な塾の実績としては、大手進学塾の実績と比べても大きな違いはないと思います。

2017年度の受入は

(2017年春 現在)
新年度を迎えるにあたり、小学6年生のお問い合わせをたくさん頂いております。まだ若干の枠がございますので、入塾をご希望される場合、ご相談ください。学習状況を確認のうえ、判断させて頂きます。

なお、小学5年生以下につきましてはできる限り対応する予定ですが、こちらも残りわずかとなっておりますので、こちらもお早目にご相談ください。

PAGETOP